RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

SPEEDが夢に見るほど大好きだった

2009.09.05 Sat
759 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 08:56:42 ID:6vY5oYXl
中学の時私はSPEEDが夢に見るほど大好きだった
夢の中では絵里子のパートを私が歌ってた
声がかわいかったし二番手的なポジションが
私のスネオ心をくすぐった
ある日リアル私がSPEEDメンバーの歌を収録しようと決心
コンポにSPEEDのベストをかけながら
カセットレコーダーで自らの歌声収録
寛子のとこはコンポのボリューム上げて
絵里子のとこは私が歌うからボリューム下げるという原始的な方法で
私はSPEEDメンバーになりきった感で胸がいっぱいだった


中三になった頃にはそんなテープの存在すら忘れてたんだけど
修学旅行のバスで聞くカセットテープを各班の一人ずつが持ち寄ることに...

私は立候補
友達がいなかったから
せめてバス移動の際には好きな歌聞きたいと思って勇気を出した
そして当日持ち寄ったテープはバスガイドに回収されランダムに流されることに
SPEEDまだかな~とまっていると
ザーッという砂嵐のような音と深呼吸
明らかにコンポでとってないとわかるように
遠くからWHITE LOVEのイントロが...
ぼんやりと聞こえるSPEEDの歌声とは対象的に
はっきりと聞こえる半音ズレた米良良一の声

その夏現実世界でクラスのスターとなった私
今まであだ名は愚か苗字ですら呼ばれなかった私に
モノノケというあだ名まで付いた
本当にry
Category: | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<幼かった六年生のとき | HOME | 私という名の花火を打ち上げてやろう>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。