RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

幼かった六年生のとき

2009.09.05 Sat
839 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 21:41:18 ID:6FyfB3Jx
まだ自分がブスだと気がつかないほど幼かった、六年生のとき。
私の仲良しは可愛い子二人で、いつも三人でつるんでいた。
それぞれ好きな人がいたので、同時に呼び出し、告白した。

Aちゃん「けんちゃんが好き」
→けんちゃんは真っ赤になってしまい、沈黙
Aちゃんはピアノ教室があるので帰宅したが、後日けんちゃんからも告白。

Bちゃん「よっくん好き」
よっくん「俺も四年生のときからBが好きだったよ!」

私「タカちゃん好きいいぃいいーー!」
タカちゃん「キメエ!お前ブスだし性格悪いんだよ!」
Bちゃん「ブスにブスっていうんじゃないわよ!サイテー!」

タカちゃんも大人げないっちゃそうかもしれないが、六年生男子にとって
ブスに告白されるなんてあまりにしんどい出来事だっただろうし、
この直後の席替えで私とタカちゃんは隣同士になってしまい、タカちゃん大荒れ、
そのことで先生とBちゃんに余計に怒られる…という負のスパイラル
私も死にたかったが、タカちゃんも死にたかったと思う


840 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 21:51:47 ID:nCXsCDbv
なんという運命w


841 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 21:53:40 ID:T2crD5Es
>ブスにブスっていうんじゃないわよ
Bちゃんヒドス

Category: | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<降ります! | HOME | SPEEDが夢に見るほど大好きだった>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。