RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

結婚前のダンナとハシゴ酒

2009.10.29 Thu
473 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 02:27:37 ID:zbubci3M0
21才の時、まだ結婚前のダンナとハシゴ酒、泥酔状態で近くのシティホテルに宿泊。
記憶があいまいだけど、たぶんシャワーを浴びようとしてた私は
全裸になりバスルームに入るつもりがなぜかドアを間違え部屋の外へ。
あっ!と思った瞬間、無情にもオートロックのドアが閉まってしまった。
ドアをドンドン叩いてもダンナはすでに寝てしまったらしく気づいてくれない。

仕方なく廊下に置いてあったデカイ観葉植物の植木の影に隠れていたが
不覚にもそのまま大の字で眠ってしまった(たぶん)。
エレベーターで上がってきた別の宿泊客(おやじリーマン2人)がフロントに通報、
血相変えて吹っ飛んできたフロントのぢぢいに「アンタ何やってんですか!」と起こされ、
体育座りになった私は「206号室の○○と申します…」とマヌケな返答。
プリプリ怒ってるフロントのぢぢいとリーマン2人に見守られながら
しゃがんだままのヒヨコ歩きで無事入室。

とにかくへべれけだったのでその時はそれほど恥ずかしくなかった気がするけど
靴を履いたままベッドで爆睡中のダンナのイビキと
隣室に入ったおやじ2人の爆笑が今でも耳に残ってます。


絶対あのおやじ達に私のハマグリ見られたと思うよ…悲しすぎる…。


Twitterでこの記事をつぶやく

Category: | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<幼かった我が子とコンビニに入った時のこと | HOME | なつかしの特撮ヒーロー番組>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。