RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

おまえたちは日本の最後の希望だ!

2010.04.25 Sun
569 名前:水先案名無い人[] 投稿日:2009/12/10(木) 20:43:38 ID:c0dopgSjO
すし詰めの人民バスを乗り継ぎ、中国語の飛び交う露天の雑踏を縫うように歩き、
荻窪店へ到着。地下への階段を降りると、先客が三人ばかり装甲シャッターの
前に並んでいる…ファーストに間に合ったようだ。 俺が階段を下る足音に一瞬
びくりとした表情を見せた彼らだが、同胞だと解るとほっとした様子を見せた。
程なく分厚い鋼鉄のシャッターが開きはじめる。軽く会釈をして店内に入った。
背負ったリュックを下ろし、ドサドサと10億日本元の札束を大量にカウンターの
上にぶちまけ食券を買う。
「大豚W、麺カタメ。」そう告げると店主は無言で頷いた。
「ニンニク入れますか?」に、野菜マシ、ニンニクカラメコール。
「お待ちどお。」目の前に置かれた二郎。さっそく豚にむしゃぶりつき、俺は愕然とした。
いつもの合成肉ではない…これは、本物の、豚肉だ! 第二次食統法の施行で、
我々日本人の口に入るのは不気味な合成肉と遺伝子組み替え野菜ばかりの時世
だというのに。天然のアミノ酸の旨さに他の三人も目を潤ませている。
「…おまえさんたちは、この日本自治区…いや、日本の明日のために戦ってるん
だから、精をつけてもらわなきゃな。 民族浄化なんて蛮行を許しちゃいけねえよ。」
四人が力強く頷いた、その時である。

ガンガン!とシャッターが乱雑に叩かれた。続いて中国語の罵声が厚い鉄扉越しに響く。
『人民警察だ!ここを開けろ!』『逃げられると思うな、反乱分子ども!』『薄汚い
テロティストどもめ、観念しろ!』 ジリジリという音とともに、異臭がたちこめる。
やつらはシャッターを焼き切って突入してくる気だ! 「おまえら、裏口から逃げるんだ!」
店主がカウンターの下に隠してあったショットガンに素早く弾を装填する。
「店主はどうするんです!?」
「俺の店は俺が守るさ。さあ行け!おまえたちは日本の最後の希望だ!
…カネシと共にあらんことを!」
涙で喉を詰まらせつつ俺たちは軽く会釈し、裏口から逃げ出した。
パラパラと、SMGを掃射する音…そして、店主の絶叫。
俺たちは泣きながらどこまでも走った。

Category: | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<イタリアにあこがれてパスタとかを食べまくった | HOME | タイガーウッズ(笑)>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。