RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

バスを待っていたら

2010.10.03 Sun
28 名前: 名無しさん@八周年 投稿日: 2007/10/26(金) 12:42:47 ID:lezRWngP0
俺の恥ずかしい話なんですが…
つい先日の事でバス停でバスを待っていたら一台の車が停まって、窓が開き
「駅に行くんですか?駅に行くなら送ってあげますよ!」
という男性が現れ、急いでいた事もあり
「あ、ありがとうございます!」
とボクと後ろの2人が車に乗りました。

なんていい人なんだと感動していたら
ボクの横に座った二人と運転の男性がやけにフレンドリー。
「いやぁ、助かったよ」とか「久しぶりだねー」とか。

そう、彼は俺に対して言ったわけではなく
後ろの2人の「知り合い」に声を掛けていたのです。
もう穴があったら入りたいとはこの事で
「ところでこの方は誰?」という雰囲気に満たされ、もう死にたい気持ちでいっぱいでした。

Category: | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<ある暑い日の出来事 | HOME | 純粋な姉が欲しい>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。