RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

私には少し下の妹がいる。

2010.12.19 Sun
8 名前:おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日:2007/07/27(金) 12:32:00 ID:funKG7ag
私には少し下の妹がいる。
昔は普通だったけど、すっかりDQNに成長した。
言葉使いが悪くて、何より暴力を振るうようになった。
幸い家族に向けられたことはなかったけど、しょっちゅう怪我して帰ってきたし、警察沙汰にも何回もなったりした。
高校時代には、あろうことかキャットファイトみたいな感じで小遣い稼ぎとかしてた。
なのに頭はいい。
超難関大学に入ったのに、あんまし授業にも出てない。
妹が中学の時、病気かなんかで入院したことがあったんだけど、退院してからDQNが目立ち始めた。病気というシチュエーションに甘えてやりたい放題の妹が大っ嫌いだった。
多分、私には入れそうもない学力の大学で、しかも必ずナンパされるような美人の妹に、かなり嫉妬してたからもあると思う。
暴力を除けばかなり妬ましかった。

そんな大学時代。
たまたまお盆で妹も私も帰省してた。
普段全く実家に寄り付かない妹に居心地の悪さを感じて、夜中に両親が寝た後に散歩に出た。
公園のベンチでジュースを飲んでると、知らない男が三人で話しかけてきた。
なんかギャル男じゃなくてチンピラみたいな。
最初は無視してたんだけど、その内体にベタベタ触りだしてきたので、
これは本格的にヤバイと思いそこから立ち去ろうとした。
酔っ払ってた男たちはそれに激昂し、大声で怒鳴って殴りかかってきた。
怖くて怖くてボロボロ泣いたんだけど、むしろ更に服も破られた。誰か助けて!って声も出なかったのに、いきなり前にいた男が吹っ飛んだ。
流れるような感じで私を男の輪から引き剥がしてくれたのは、なぜか妹だった。



9 名前:おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日:2007/07/27(金) 12:33:52 ID:funKG7ag
そのまま取っ組み合いが始まり、ケンカがになってしまった。
しかし妹はケンカ慣れしてるとはいえ、相手は明らかにチンピラ。
しかも複数。
素人の私が見ても、妹が優勢には全く見えなかった。
どうしていいか分からずにオロオロしてる私に妹は空き缶を投げつけ、
「ふざけんな!さっさと行けよ!ぶっ殺すぞ!」←この辺で妹が殴られた
震える足で走りだした私を逃がすまいと男が追い掛けてきたが、
その足に妹がすがりついて転倒→妹が蹴り倒されるのが見えた。

近くのコンビニ逃げ込み、事情を話して警察を呼んでもらい、
公園に急いで戻ると、もうすでに妹に意識はなくて血だらけで倒れてた。

そのまま妹は入院し、命に別状はなかったものの、泣いてる両親から私の知らない事実を教えてもらった。
妹が中学一年の頃、複数の男からレイプされたこと。
その男たちは未だ捕まってないこと。
その後しばらく、自宅に不振な電話が続いたこと。
かつて妹が入院したのはレイプによる外傷と、精神的なケアのための措置だったこと。
まだ子供だった妹が強くなるために自分なりの苦肉の策として、ケンカを始めてしまったこと。
勉強も、何も考えたくなくて必死で没頭したこと。
進学してから滅多に帰省しなかったのは、まだ犯人が捕まっていないのと、その公園のそばにいたくないからということ。


10 名前:おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日:2007/07/27(金) 12:39:04 ID:funKG7ag
今回、夜中一人で出かけた私を心配し、捜し回ってくれたのだった。
自分も被害にあった同じ公園で、同じシチュエーションで襲われてる私を助けるのは、
妹にとってどれだけの恐怖だっただろうか。
妹の辛さも知らず、知ろうともせず毛嫌いしたあげく、軽率な行動で妹をこんな目に合わせてしまった私は本当に本当に最低な人間だと思う。
意識が戻った妹がベッドから飛び降り、私に泣いてすがりつき聞き取り不可能なほど、
無事だったか、怪我はないか、夢にうなされないかと何度もまくしたてられたとき、
自分の情けなさが本当に恥ずかしかった。
何度謝っても謝り足りないのは分かってるが、今度は私が妹の力になりたい、ならなきゃいけないと心に決めた。

現在も妹は私をかばった時の障害が少し残ってる。
ただ前と違うのは、犯人が捕まったこと。
余罪がザクザク出てきて、未だに全員檻の中。
妹は一年休学し無事卒業したが、トラウマから抜け出せず、社会人として働けないため、ネットで稼いでいる。
私は妹と一緒に住み、主に家事を手伝ってる。
今ではかなり仲もいい。

最近知った事だが、妹には大学の時からの彼がいる。
何度か会ったが、ものすごい無愛想で死ぬほど無口なイケメンだった。
そろそろ留学から帰って来るので、もしかしたら結婚するかもしれない。
その時には、私が費用を出すつもり。
これからはいっぱいいっぱい幸せになって欲しい。
そしていつか私も、妹にとって誇れる人間になりたい。
Category: | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<綺麗な川が流れるところに | HOME | ケンタッキーのチキンの部位指定>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。