RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

天空の城ラピュタにハマりまくっていた頃

2011.06.12 Sun
623 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 18:55:03.82 ID:2v0p20V40
天空の城ラピュタにハマりまくっていた10歳ぐらいの頃、「滅びの言葉」を自分の頭の中で妄想していた。
まんまバルスだと効き目がなさそうだし、あまり長くてもいざという時言いづらい。

そうだ、バイボにしよう。
それから俺は、嫌なことがあるたびに、頭の中で「バイボ」と唱えた。
だが所詮は頭の中。効果はなかった。

あるとき、宿題もせずゲームをしていた俺は、カーチャンからこっぴどく叱られた。
俺は泣きながら、こんな世界は滅びればいいと心から思った。
近くにあった適当な大きさのものを飛行石がわりに握りしめ、怒るカーチャンの前で大声で叫んだ。

「バイボ!!」

世界は滅びなかったが、カーチャンの世界で何かが壊れた。怒るのをやめたカーチャンは、神妙な顔をして黙ってしまった。
トーチャンが帰ってきて、事情聴取が始まった。

・バイボという言葉はどこで覚えたか
・バイボと言う時に、こけしを握っていたのは何故か
・学校で友達などにバイボの話をしていないか

怖くなった俺は、全て正直に話した。話し終えると、黙って聞いていたトーチャンが優しく言った。

「その呪文は、今のお前にはまだ早い。」

トーチャンは優しく続けた。

「10年後には、お前にも使いこなせるだろう。俺と同じように」

トーチャン、使えんの!?と思った矢先、カーチャンがトーチャンの頭を思い切りひっぱたいた。

あれから15年が経つ。未だにバイボは使いこなせない。

Category: | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<ストックホルムオリンピック | HOME | 退陣したくない総理>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。